紅の枢機卿

アクセスカウンタ

zoom RSS ハヤテのごとく! 第244話 「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」

<<   作成日時 : 2009/05/16 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

コブができてるハヤテと、「なんで私がハヤテ君の説教を聞かなきゃいけないわけ?」と言っているヒナギク

ヒナ「まったく・・・そんなの余計なお世話よ!!」

   そりゃ私なんか
   か弱くも可愛くも
   思われてないんでしょうけど――

ハヤテ「まあたしかに余計なお世話なのかもしれませんけど、ヒナギクさん自覚ないから心配なんですよ。
    ですから その・・・ 自分が 可 愛 い 女 の 子 だっていう自覚が・・・」
ヒナ「・・・・・・ え?」

ヒナギク、嬉しすぎて表情が戻らず、ヒナギクを呼ぶハヤテですが、ギロリと睨まれてしまいます

そんなやりとりをしていると、ヒナギクのお腹の音が鳴ってしまいます 「くぎゅうううう・・・
また走って逃げるヒナギク
そして、追うハヤテ
逃げるのに必死なヒナギクは、崖があるのも知らずにそのまま前進
間一髪でハヤテが助けます

ヒナギクの上にハヤテが被さっていい雰囲気なところですが、そこに居たのはティータイム中の愛歌さん

ハヤテは、「さっき助けてもらったヒナギクにお礼をしたいけど、どういうお礼をしたら喜ぶか分からない」と説明
愛歌はギリシャの鉄板デートコースを伝授
丘の上から市街を一望できる「サンライズ」という高級地中海料理屋さん
「そこに招待すれば、大抵の女の子は喜ぶ仕組みになっているわ!!」と愛歌

愛歌「けど覚悟してね綾崎君。その店・・・高いわよ。」

愛歌は、自分の名詞を使えば、予約すら困難なその店のVIPルームが無条件で使えると言います

愛歌「けど あなたにこれを受け取って・・・心からの感謝を示す事ができて? 自腹で。」

ハヤテはその名詞に手を伸ばし、

ハヤテ「先日入った喫茶店のバイト代・・・あれをすべて使って・・・ヒナギクさんへの・・・感謝の気持ちを表したいと思います。」
ヒナ「・・・・ハヤテ君」
愛歌「ふ・・・それでこそジェントルマン・・・」

ヒナ「ちゃんと・・・美味しいものを食べさせてよね!!」
ハヤテ「へ?」
ヒナ「ちゃんとエスコートしてよね!!」
ハヤテ「ヒナギクさん・・・」
ヒナ「・・・・・・た・・・ 楽しみにしてるんだから!!」
ハヤテ「はい!お任せください!!」

一方その頃―――

GTの残骸が散っている砂浜に、何者かの靴

?「まったく・・・情けないわね〜・・・ギルバートさんは・・・」

■きっと一生忘れない。そんな素敵なディナーになりますように。そしてなんだか波打ち際に、遺産絡みでもう一人?

Q.子供時代、憧れた物(人)はなんですか?
ファーブル最強。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハヤテのごとく!第224話「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」感想
でも最近の小学生は発育良いよ、谷間が出来るぐらいには ...続きを見る
荒川キャッチデイ
2009/05/20 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハヤテのごとく! 第244話 「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」 紅の枢機卿/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる